三国志14攻略プレイ日記その6 「200年官渡の戦い」
スポンサードリンク



ごきげんよう、フェンリルです。

前回は194年群雄割拠をクリアしました。

今回は次のシナリオやっていきます。

シナリオ「200年官渡の戦い」

設定は難易度初級。

今回は建寧と雲南を所領にしてスタートです。

シナリオは「200年官渡の戦い」。

曹操と袁紹の天下分け目の大戦です。

200年2月、董承、曹操抹殺の密勅を受けるも露見し誅殺される

献帝は曹操の威勢を恐れ、曹操抹殺を企みます。

そして配下の董承に密勅を授けました。

董承は曹操抹殺を計画するも、下男の密告で発覚します。

そして処刑されてしまいました。

劉備もまたこれに加担していたため、曹操と劉備の間には対立だけが残りました。

200年2月、小覇王孫策死す!

江東の虎の息子・小覇王孫策が死亡しました。

イベント的には于吉の呪い的な感じです。

あとを継いだのは若干17歳の孫権。

どうあれ、孫呉の弱体化は避けられないのでした。

200年4月、イベント「二強開戦」、官渡の戦いはじまる!

イベント「二強開戦」を発生させました。

これにより袁紹と曹操の天下分け目の大戦「官渡の戦い」がはじまります。

これで袁紹と曹操が潰し合ってくれればいいのですが。

200年8月、イベント「義勇兵」

これは勢力の総兵士数が5万以下のときに起こせるイベントです。

本拠(君主のいる拠点)の兵士が3000ほど増加します。

序盤では旨いイベントですね。

201年4月、張繡死して張泉が後継となる

張繡軍の君主、張繡が死亡しました。

あとを継いだのは張泉。

どうやら息子のようです。

……これまでいたっけかな?

201年9月、張魯を降し大将軍に任じられる

漢中の張魯を降しました。

これで曹操と隣接することに……

まあ、なんとかしましょう。

ついでに大将軍に任じられました。

といってもまだ降伏勧告は応じてくれないでしょうけど……

201年11月、張泉軍降伏、賈クが幕下にはいる

張泉軍を降伏させました。

これで賈クをゲット。

戦力アップです。

しかし曹操とバチバチにやり合う羽目になったのがちょっと厳しいですね。

まあ、早いか遅いかの違いでしかないんですけどね。

202年7月、劉表降伏する

荊州に割拠した劉表を降伏させました。

さらに降伏勧告を士燮軍に送ってあります。

それが終われば次は孫権軍との同盟を結びたいですね。

それが終われば、次は曹操軍との決戦です。

202年8月、士燮軍降伏し、漢朝から公に封ぜられる

交州の士燮軍が降伏し、漢朝から公に封ぜられました。

これで孫権軍との同盟がなれば曹操との戦いに集中できます。

202年9月、孫権軍と24ヶ月の同盟締結

これで江東方面の安全は確保できました。

あとは対曹操に全力を傾けるのみ!

202年10月・新野陥落し、劉備は雌雄一対の剣を送る

曹操軍の新野を陥落させました。

そして劉備から親善の使者が来たのですが、持ってきたものを見て仰天しました。

正直「どうせ金だろ」と思ってたのですが、名品、それも雌雄一対の剣です。

これかなり大切なもののはずなんですけど……

それほどこちらと争いたくないということですかね。

まあ、受け取りましたけど。

これで劉備軍とは親密な関係になりました。

まず、曹操を滅ぼし、次に袁紹と戦いたいですね。

202年12月、漢朝から王に封ぜられる

曹操との戦いはまだ半ばですが、漢朝から王に封ぜられました。

曹操ももはや風前の灯です。

そしてついでに劉備も袁紹と孫権に攻められて風前の灯です。

劉備ももうちょっと頑張ってほしいですね。

202年12月、袁家分裂す

イベントで袁家が分裂しました。

長男の袁譚軍と三男の袁尚軍です。

もっともほぼ全ての領土を袁尚軍が引き継ぐ形になっていますが。

なんにせよチャンスはチャンスです。

コレを気に曹操軍も袁家も併呑したいですね。

203年5月、許昌陥落をさせ献帝を擁立する

曹操軍の許昌を陥落させ、後漢皇帝の献帝こと劉協を擁立しました。

これにより曹操軍の残る拠点は寿春のみ。

寿春攻めの用意は整っているので、あとは力攻めするのみです。

203年6月、袁譚滅び袁家の内乱終わる

袁譚軍が滅亡しました。

本当は二拠点あったんですが、袁譚軍の郭図が袁譚を裏切り独立。

そのせいで一拠点になった袁譚はあっさり滅び去ったわけです。

ゲームとはいえ哀れですねぇ……

203年7月、反黒狼連合軍結成される

天下を席巻する我軍の勢いに恐れをなしたのか、袁尚を盟主とする連合軍が結成されました。

まあ、雑魚の集まりですね!

孫権とか馬騰とか劉備は参加してませんし。

蹴散らしてやりましょう。

203年8月、曹操滅び献帝が帝位を禅譲する

曹操がこもる寿春を陥落させ、これで曹操軍は滅びました。

そしてこれで全都市のうち25都市を領有し、献帝から帝位禅譲を受けました。

国号は「夏」。

さらに配下の忠誠が+8されました。

これは大きい。

これで晴れて漢の後継王朝となったわけです。

さあ、天下にはびこる逆賊どもを撃滅しましょう!

204年6月、袁尚軍滅び連合軍瓦解する

袁尚軍を滅ぼしたことで、連合軍は瓦解しました。

これで残る勢力はあとわずかです。

204年8月、郭図・公孫康降伏し孫権軍との決戦始まる

郭図と公孫康がついに降伏しました。

これで残るは孫権のみ。

最終決戦のはじまりです!

205年3月、孫権軍滅亡、天下統一!クリア特典はいかに?

とうとう孫権軍を滅亡させました。

これで夏王朝が天下統一です。

そして「200年官渡の戦い」のクリア特典の古武将は「虞姫」です。

虞美人草の名前の元になった覇王項羽の寵姫ですね。

それでは次回はまた、別のシナリオをやっていきましょう。

それではまた!

ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログの更新のお知らせ
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

スポンサードリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事