ウイニングポスト9攻略 史実馬能力 サニーブライアン
スポンサードリンク



サニーブライアン

オススメ度

お守り:銀

誕生年:1994年

SP ST パワー 瞬発力 勝負根性 柔軟性 精神力 賢さ 健康 サブパラ合計
70 60 B+ D+ A+ C+ B B+ F+ 86
気性 ダート 脚質 成長型 成長力 競争寿命 距離適性 子出し 性格
大人 逃げ 普早 有り 86 18~26 4 普通
小回り 左回り 右回り 脚部不安 喉なり 腰の甘さ 特性
大舞台・根幹距離・スタート

史実

史実では10戦4勝。

1997年の皐月賞と日本ダービーを人気薄で逃げ切った二冠馬。

主戦騎手は大西直宏。

大西直宏はダービー後のインタビューで「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」との言葉を残している。

その後は骨折が判明し休養、1998年には屈腱炎を発症し引退に追い込まれた。

種牡馬としては中央競馬の重賞勝ち馬を2頭を出したほか、地方競馬でも活躍した。

特に産駒の勝ち上がり率が良いことで有名だったようだ。

ゲーム内

ゲーム内では自己所有すれば春のクラシック二冠は可能。

能力的にはメジロブライトのほうが高いが、

あちらもCPU所有だと今一つなのでサニーブライアンのほうが優位である。

特性もクラシック路線と噛み合っており、強力。

ただし距離適性的には菊花賞は厳しい。

秋には古馬路線に殴り込むことも検討しよう。

芝質適正は日本よりなので海外遠征では米国芝路線がいいだろう。

その際非根幹距離のレースは選択しないように気をつけよう。

スポンサードリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事