三国志14攻略プレイ日記その12 「227年出師の表」
スポンサードリンク



ごきげんよう、フェンリルです。

今回はDLCを除けば最後のシナリオをやっていきます。

シナリオ「227年出師の表」

今回のシナリオは「227年出師の表」です。

諸葛亮が曹魏への北伐を宣言した年ですね。

難易度初級で蜀でやっていきますよ。

蜀呉同盟を活かして北伐

このシナリオでは呉と24ヶ月の同盟が結ばれております。

まずはこれを活かして北伐を成功させたいところですね。

227年3月、諸葛亮、出師の表を奏上する

諸葛亮が劉禅に北伐の必要性を説くイベントです。

これにより蜀軍は長い魏との戦いに乗り出すのでした。

ちなみに姜維を仲間にするイベントはないので、彼を勧誘できるかは運ですね。

227年4月、夏侯楙・孟達、魏に反旗を翻す

魏の夏侯楙と孟達を駆虎呑狼の計により、独立させました。

これで上庸と長安が独立、魏に多少のダメージを与えた……と思います。

あとはこいつらの反乱が平定される前にこっちが飲み込みたいですね。

228年2月、宛と長安を陥落させ、第一次北伐成功す

上庸で独立した孟達を攻め滅ぼし、長安で独立した夏侯楙も滅ぼしました。

これにより北西の要所を制したことになります。

とはいえ、曹魏はまだまだ強大。

慎重にことを進めねば……

228年8月、諸葛誕、広陵にて独立する

広陵にて諸葛誕が魏に反旗を翻しました。

彼は史実でも反乱を起こしていますね。

史実で反乱や裏切りを起こしている武将は独立しやすくなっているのかもしれませんね。

つまり呂布なんて無茶苦茶危険ということに。

うーん、気をつけないと。

229年2月、陳矯・軻比能に駆虎呑狼の計をしかけ、孫権軍は蜀と同盟する

下邳と平原を独立させ曹魏はさらに弱体化。

孫権軍とは6ヶ月の同盟を成立させました。

この6ヶ月の間に曹魏とは決着をつけたい所。

229年10月、曹魏が蜀漢に降伏する

曹魏は残り3都市を残して降伏しました。

これにより中原、河北を制したことになり、天下の趨勢は蜀漢に帰したと言えるでしょう。

あとは孫権軍と雌雄を決するまでです!

231年6月、蜀漢が天下統一する

最後に残った孫権軍を蹴散らして、蜀漢が天下統一しました。

劉備の悲願であった漢朝の再興がなったことになります。

これで基本の7つのシナリオは全てクリアしたことになります。

あとはDLCのシナリオをやるか、上級をやるか……

まあじっくりと考えましょう。

クリア特典

「227年出師の表」のクリア特典の古武将は「嬴政」です。

いわゆる秦の始皇帝その人ですね。

ブロトピ:更新しました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:ブログの更新のお知らせ

スポンサードリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事