三国志14攻略プレイ日記その18 「221年夷陵の戦い」その1
スポンサードリンク



ごきげんよう、フェンリルです。

今回からはまた新しく始めていきますよ。

DLCのシナリオをやっていこうと思います。

初期設定など

難易度上級ですが、チート級の新武将をモリモリ入れてあるので、多分楽勝です(汗)

もちろん古武将も全員入れてあります。

これで魏呉蜀を蹂躙します!

221年7月上旬、施政の任免と空白地の確保

施政はとりあえず命令書の増加を優先に。

そして近隣唯一の空白地「クイ」を狙います。

221年7月中旬、魏の呂虔を君主自ら討ち取る

君主自ら先頭に立たねば将兵は奮い立ちません。

ここで呂虔と一騎討ちが発生。

特性「捕縛」を持ってるので「捕らえた!」と思いきや……

討ち取ってしまいました。

そういや戦死標準にしてましたね……

222年1月上旬、下邳から毌丘倹、寿春から許褚が迫りくる

下邳からは毌丘倹が、寿春からは許褚が迫ります。

特に許褚勢は13590もの大軍です。

まあ、そうなるように釣りだしたのですが……

とりあえず寿春方面の敵を兵站を切ることで乗り切りたいですね。

一騎討ちが発生して捕縛できれば、なお良いです。

張遼と毌丘倹は撃退。

残りは許褚を叩き潰さねばなりません。

しかし……

その中で孫権軍の魔の手が忍び寄っていました。

朱桓隊10430が広陵を狙って来たのです。

孫権軍は水軍が精強。

これと水上で戦うのは愚策。

水上に上がったところで叩きたいところ。

222年2月中旬、朱桓一騎討ちに破れ、縛につく

こちらが魏と小競り合いを繰り返しているスキを突き、攻め寄せてきた孫呉の朱桓隊およそ1万。

これを一騎討ちで撃破し、朱桓を捕縛することに成功しました。

さらに寿春方面では許褚隊を撃破することに成功。

援軍に来た軻比能隊との戦いに移っています。

そして曹魏は下邳から臧覇隊3000が出撃しています。

これを殲滅せねば枕を高くして眠れません。

朱桓と戦っていた部隊には、そのまま臧覇隊への対応に向かわせます。

222年2月下旬、軻比能を撃破

どのような部隊も兵站を絶たれれば脆いもの。

軻比能もまた、兵站を断ち切られ敗北しました。

次なる目標は臧覇隊です。

その細い兵站線、切ってやりましょう。

222年3月中旬、臧覇隊を撃破

下邳から出撃した臧覇隊。

その兵站線と退路を断ち切り撃破しました。

しかしながら曹魏の国力はこちらの24倍はあります。

果たしてこちらが攻勢に出るときは、いつになるやら。

222年4月中旬、下邳から臧覇隊、寿春から楽チン隊が侵攻

北方の下邳からは臧覇隊が、西方の寿春からは楽チン隊が侵攻してきております。

全く休む間もないです。

よく考えればクリアするだけなら初級で良かったのでは?

……今更遅いですね。

荊州方面では蜀が呉から江陵を奪還してますね。

そしてそこをハイエナしようとする曹魏、という形のようです。

うーん、カオス。

ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログの更新のお知らせ

スポンサードリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事