ウイニングポスト9攻略 史実馬能力 タイキシャトル
スポンサードリンク



タイキシャトル

オススメ度

お守り:虹

誕生年:1994年

SP ST パワー 瞬発力 勝負根性 柔軟性 精神力 賢さ 健康 サブパラ合計
76 20 S D+ A+ E+ S S B+ 78
気性 ダート 脚質 成長型 成長力 競争寿命 距離適性 子出し 性格
大人 自在先行 普遅 持続 100 12~16 6 従順
小回り 左回り 右回り 脚部不安 喉なり 腰の甘さ 特性
大舞台・海外遠征・強心臓・二の脚

史実

史実では中央競馬12戦10勝、仏国1戦1勝、通算GⅠ・5勝。

主戦騎手は岡部幸雄。

3歳時にマイルチャンピオンシップ・スプリンターズステークスを連勝しており、

マイルチャンピオンシップを3歳馬が制したのはサッカーボーイ以来9年ぶり、

同一年にマイルチャンピオンシップとスプリンターズステークスを勝利したのはタイキシャトルが史上初の快挙であった。

1998年には極悪の不良馬場となった安田記念を圧勝。

渡仏して望んだジャック・ル・マロワ賞をも制し、

帰国後のマイルチャンピオンシップも5馬身差の圧勝。

引退レースとなったスプリンターズステークスでは1.1倍の圧倒的人気を集めたが、

マイネルラヴの3着に敗れた。

それでも1998年の年度代表馬に選ばれており、

短距離路線専門の競走馬としては史上初であった。

1999年には短距離馬として初めて殿堂入りし、短距離王としての地位を確固たるものとした。

種牡馬としてはウインクリューガーやメイショウボーラーなど芝・ダート両方で活躍馬を輩出している。

ゲーム内

ゲーム内でも史実以上に強力だが、成長型が普遅なのに4歳引退であることに注意が必要。

5歳以降現役を続けると初年度産駒などをロストするので気をつけよう。

所持特性も相まって適正距離内なら芝・ダート両方で圧倒的な能力を発揮する。

海外でも十分勝負になり、史実通りジャック・ル・マロワ賞も勝利できる。

芝質適正としては日本よりだが、適性外の欧州でも勝利できるほどの能力を秘める。

4歳引退までにGⅠ・8勝は簡単だろう。

スポンサードリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事