ウイニングポスト9 2020攻略プレイ日記その12 オススメ銅札以下馬 その7
スポンサードリンク



ごきげんよう、フェンリルです。

前回は2002年生まれ、ディープインパクト世代まで紹介しました。

今回は2003年生まれからです。

2003年生まれ(メイショウサムソンなどと同世代)

アドマイヤキッス

 

 

 

 

札:

金額:3億2000万

SP ST パワー 瞬発力 勝負根性 柔軟性 精神力 賢さ 健康 サブパラ合計
68 50 B B B+ C+ C+ A C+ 70
気性 ダート 脚質 成長型 成長力 競争寿命 距離適性 子出し 性格
大人 自在差し 普早 持続 98 16~24 6 従順
小回り 左回り 右回り 脚部不安 喉なり 腰の甘さ 特性
根幹距離

○4歳引退時

 

 

 

 

通算18戦16勝、総賞金11億8080万。

通算GⅠ・13勝、うち海外6勝。

芝質適正は日本より。

能力的にはこの馬が最も牝馬三冠に近いと言える。

エリザベス女王杯まで制して牝馬四冠も可能。

豪州や米国の芝路線でも十分勝ち負けできる実力を持つ。

 

アドマイヤジュピタ

 

 

 

 

札:

金額:5700万

SP ST パワー 瞬発力 勝負根性 柔軟性 精神力 賢さ 健康 サブパラ合計
68 85 A+ D+ B+ C+ C+ B D+ 66
気性 ダート 脚質 成長型 成長力 競争寿命 距離適性 子出し 性格
普通 先行 晩成 有り 100 22~32 4 普通
小回り 左回り 右回り 脚部不安 喉なり 腰の甘さ 特性
大舞台・超長距離・叩き良化

○6歳引退時

 

 

 

 

通算32戦16勝、総賞金21億1475万。

通算GⅠ・11勝、うち海外9勝。

芝質適正は欧州より。

アドマイヤムーンやメイショウサムソンがいるため国内では苦戦気味。

菊花賞や天皇賞春はなんとか勝てるが、中距離路線では芝質適正もあり厳しい。

そのかわりと言ってはなんだが、欧州超長距離路線に対する適正は高い。

距離適性こそ3200Mまでだが、なんだかんだで4000MクラスのGⅠも勝利可能。

他の馬との兼ね合いだが、早めに欧州超長距離路線にかじを切りたいところ。

2004年生まれ(ウオッカ・ダイワスカーレットなどと同世代)

ビービーガルダン

 

 

 

 

札:

金額:1億200万

SP ST パワー 瞬発力 勝負根性 柔軟性 精神力 賢さ 健康 サブパラ合計
67 10 C+ D C+ C+ C+ C+ A 63
気性 ダート 脚質 成長型 成長力 競争寿命 距離適性 子出し 性格
普通 先行 晩成 持続 100 10~15 3 普通
小回り 左回り 右回り 脚部不安 喉なり 腰の甘さ 特性

6歳引退時

 

 

 

 

通算34戦18勝、総賞金12億4275万。

通算GⅠ・5勝、うち海外2勝。

芝質適正は日本より。

基本的にはサマースプリントシリーズを中心にしてお守りを稼ぎたい。

成長すれば国内GⅠでは十分勝ち負け可能。

海外は流石に厳しいが、相手関係次第ではワンチャンある。

 

2005年生まれ(ディープスカイなどと同世代)

エーシンフォワード

 

 

 

 

札:

金額:2億5600万

SP ST パワー 瞬発力 勝負根性 柔軟性 精神力 賢さ 健康 サブパラ合計
68 20 B B D+ E+ C+ D+ C+ 57
気性 ダート 脚質 成長型 成長力 競争寿命 距離適性 子出し 性格
普通 差し 普早鍋底 持続 98 12~16 3 普通
小回り 左回り 右回り 脚部不安 喉なり 腰の甘さ 特性
叩き良化・乾坤一擲

○5歳引退時

 

 

 

 

通算26戦16勝、総賞金19億5225万。

通算GⅠ・10勝、うち海外5勝。

芝質適正は日本より。

カタログスペックはそこそこだが、それを覆す活躍が可能な一頭。

史実以上に活躍可能で鍋底持続のため、息の長い活躍が期待できる。

海外遠征では米国や豪州なら十分勝ち負け可能。

距離適性が若干狭いのが難点。

 

シビルウォー

 

 

 

 

札:

金額:7700万

SP ST パワー 瞬発力 勝負根性 柔軟性 精神力 賢さ 健康 サブパラ合計
67 60 A B B+ C+ C+ B A 73
気性 ダート 脚質 成長型 成長力 競争寿命 距離適性 子出し 性格
普通 自在差し 覚醒 有り 100 18~26 5 普通
小回り 左回り 右回り 脚部不安 喉なり 腰の甘さ 特性
交流重賞・超長距離

○7歳引退時

 

 

 

 

通算41戦25勝、総賞金28億5990万。

通算GⅠ・19勝、うち海外5勝、地方10勝。

成長型覚醒なのでとにかく使いまくれるのが魅力。

勝ちやすいところを狙っていけば、これくらいのサブパラに成長する。

ノーマルなら国内ダート路線でかなりの活躍が見込める。

成長次第では海外GⅠにも手が届くものの、米国ダート中距離路線はさすがに厳しい。

うまくレース選択をしたいところ。

 

ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログの更新のお知らせ

 

スポンサードリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事