ウイニングポスト9 2020攻略プレイ日記その16 リアルシャダイの系統確立を目指す
スポンサードリンク



ごきげんよう、フェンリルです。

今回はリアルシャダイの系統確率を目指して行こうと思います。

果たして首尾よく系統確率できるのか?

それではやっていきましょう。

下準備

リアルシャダイは1997年頃引退するようなので、それまでにできる限り血統支配率を高めるのが重要です。

とりあえずエディットで史実産駒を活躍させるのが重要です。

以下の馬をエディットして強化します。

1990年生まれ

シクレノンシェリフ
ステージチャンプ
ハギノリアルキング
ダイイチリカー
マックスジョリー
マッチポイント

1991年生まれ

アナスミラビリス
セプテンバーソング
ダークムーン
ローブモンタント

 

あと、DLCを導入しているならば、「ライスシャワー」もエディットしておきましょう。

スペシャル種牡馬の「ロベルト」も導入しておきたい所。

ゲーム開始後

最初は普通に進めます。

5月1週になったらエディットした馬を購入しましょう。

そして購入した馬たちをひたすら活躍させます。

この際注意すべき点としてはできるだけ国内で活躍させること。

そうしないとリアルシャダイの種付け料が上がらず、血統支配率が上がりません。

 

血統支配率の推移

1993年

 

 

 

 

ロベルト系2.6%

リアルシャダイ種付け料:1150万

1994年

 

 

 

 

ロベルト系3.3%

リアルシャダイ種付け料:1850万

1995年

 

 

 

 

ロベルト系4.0%

リアルシャダイ種付け料:2350万

1996年

 

 

 

 

ロベルト系6.7%

リアルシャダイ種付け料:2850万

1997年

 

 

 

 

ロベルト系10.3%

リアルシャダイ種付け料:3300万

リアルシャダイ血統支配率およそ7.7%

結果

結果は失敗でした。

理由は1996年にシアトルスルーが系統確立したから。

そのせいでストームバードの系統確立が1997年にずれ込んだのが原因。

このゲームの系統確立は年功序列なので1997年に18歳のリアルシャダイより19歳のストームバードが優先されるのです。

シアトルスルーが系統確立するかは運が絡むのですが、今回は運がなかったですね……

 

次回はトニービン系の系統確立に挑戦したいと思います。

まだだ、まだ終わらんよ!

というわけで、次回もよろしくお願いします。

 

ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログの更新のお知らせ

 

 

スポンサードリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事