ウイニングポスト9 2020攻略プレイ日記その17 トニービンの系統確立を目指す
スポンサードリンク



ごきげんよう、フェンリルです。

今回はトニービンの系統確立に挑戦したいと思います。

同時にカラムーン、カンパラの系統確立も狙います。

というか今回の仕様だとまずカラムーンから系統確立するので、カラムーン⇨カンパラ⇨トニービンとやらないとほぼ意味ないのです。

というわけで、今回もエディットモリモリでやりますよ。

トニービンの引退時期と前準備

トニービンは2000年に引退します。

つまりそれまでに系統確立させねばなりません。

正直時間的に余裕がないので、エディットを使わないと厳しいと思います。

 

前準備

大前提としてスペシャル種牡馬のカラムーンを導入しておきましょう。

そして輸入されてくるカンパラを購入します。

あとは以下の馬をエディットしておきます。

1990年生まれ

ウイニングチケット

アイリッシュダンス

ノースフライト

ベガ

ロイスアンドロイス

サクラチトセオー

1991年生まれ

オフサイドトラップ

エアダブリン

1992年生まれ

ユウキビバーチェ

1993年生まれ

ロングカイウン

エアグルーヴ

1995年生まれ

ロードクロノス

ミスズシャルダン

エモシオン

繁殖牝馬の購入と種付け

カンパラの後継種牡馬はトニービンしかいません。

よって自家生産馬でカンパラの後継種牡馬を作ってやる必要があります。

なので相性が良さそうな繁殖牝馬を見繕って起きましょう。

並行してトニービンのお相手を探すのも忘れずに。

 

それでカンパラとトニービンを毎年種付けしましょう。

正直カンパラは爆発力を稼ぎにくいので、強い産駒はのぞみ薄です。

それでも毎年一頭は種牡馬入りさせられるので、それでカンパラの後継種牡馬を増やしましょう。

種付け料は50万円でも構いません。

シュンライなどが使えれば使うのがベターでしょう。

 

血統支配率の推移

1992年

 

 

 

 

グレイソヴリン系:4.9%

トニービン種付け料:850万

1993年

 

 

 

 

グレイソヴリン系:5.6%

トニービン種付け料:800万

1994年

 

 

 

 

グレイソヴリン系:5.6%

トニービン種付け料:1550万

1995年

 

 

 

 

グレイソヴリン系:4.9%

トニービン種付け料:2050万

年末にカラムーン系確立、グレイソヴリン系が親系統に昇格。

1996年

 

 

 

 

カラムーン系:4.7%

トニービン種付け料:2500万

ストームバードが系統確立。

1997年

 

 

 

 

カラムーン系:6.8%

トニービン種付け料:2950万

 

 

 

 

カンパラが系統確立。

1998年

 

 

 

 

カンパラ系:8.6%

トニービン種付け料:3300万

 

 

 

 

シアトルスルーが系統確立。

1999年

 

 

 

 

カンパラ系:9.8%

トニービン種付け料:3550万

 

 

 

 

ファピアノが系統確立。

2000年

 

 

 

 

カンパラ系:12.1%

トニービン種付け料:3800万

 

サドラーズウェルズが系統確立。

 

 

 

 

カンパラが親系統に昇格。

結果

またしても失敗……

サドラーズウェルズに邪魔されるとは……

スペシャル種牡馬のファピアノとかロベルトを導入したのがまずかったようです。

うーん、ままならぬ……

 

ブロトピ:ブログ更新しました!
ブロトピ:ブログ更新通知をどうぞ!
ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブログの更新のお知らせ

スポンサードリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事