ウイニングポスト9攻略 序盤(1992年)
スポンサードリンク



目標

12月3週の海外セリに向けて資金を貯める。

初期譲渡馬(レオダーバンorシャコーグレイド)でできる限り勝利する。

初期譲渡馬(3歳馬)でサマーシリーズ優勝でお守り稼ぎ。

裏技で有力騎手と出会う

有力騎手との出会い方

前提条件として、所有馬2頭の主戦騎手を同じ騎手にしておく。

古馬の方を3月の豪州GⅠに登録。

3歳馬の方を古馬と同じ周の米国のレースに登録する。

通常は別の騎手で登録されるが、何度も削除と登録を繰り返すと同じ騎手で登録される。

この状態でレースを迎えると片方の騎手がリーディング上位の騎手になる。

例・岡部幸雄

競走馬ローテーション参考

古馬

レオダーバン

ランヴェットS→クイーンエリザベスS→クイーンエリザベスⅡ世C→宝塚記念→

ソードダンサー招待S→ターフクラシック招待S→コックスプレート→香港カップ

やはり豪州・香港あたりは狙い目。

しかし後半は衰えがきたのか微妙な成績だった。

惜しくもGⅠ・8勝には届かなかったがプレイング次第では結果は変わってくるはず。

3歳馬

サクラセカイオー

ルイジアナダービー→京都新聞杯→七夕賞→小倉記念→新潟記念

エミレーツS→ハリウッドダービー

京都新聞杯こそ勝利したもののサマー2000は優勝できなかった。

しかしそれでも豪州のエミレーツSは勝てたあたり豪州はうまい。

こちらもプレイング次第で結果が変わるはず。

2歳馬

ダイナエッセ90

新馬①→500万下①→全日本2歳優駿②

ダートでは強い。

芝質適正は欧州型なのでダートで活躍させたほうがよいだろう。

地方重賞をめぐるのがおすすめ。

海外セリ

ヒシアマゾン

落札相場:12億前後

牝馬三冠+アジアマイルチャレンジ完全制覇も余裕の能力。

この世代ではナリタブライアンにつぐ能力を持ち、歴代でも最強クラスの牝馬。

レース選びをしっかりすれば金のお守り+購入資金回収は余裕だろう。

繁殖牝馬としても史実以上に活躍できるはず。

  

タイキブリザード

落札相場:およそ8億前後

大種牡馬シアトルスルーの直子。

史実では善戦マンという感じだったが、ゲーム内ではそれ以上に活躍できる。

活躍期間がヒシアマゾンより長いのも長所。

アジアマイルチャレンジ完全制覇も余裕で狙える能力がある。

 

スポンサードリンク



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事